西尾高等学校同窓会

100周年記念事業に関するお知らせ

基本コンセプト

 100周年という西尾高校の大きな節目に当たり、これまでの西尾高校の歴史を振り返り、今後の西尾高校の将来を考えます。その際、「ハードからソフトへ」「モノづくりからヒトづくりへ」という基本的な考え方で「人を育てる」ことに重点を置き、西尾高校の教育活動を支援します。


基本テーマ


次世代を担う、国内外の様々な分野で活躍することのできる優秀な人材を育成する。

創立100周年実行委員会組織図



100周年記念事業内容

1. 奨学財団設立

平成30年(100周年)からの運用を目指して、平成27年に経済的困難者への学業支援及び海外交流(留学)支援を目的とする「一般財団法人県立西尾高等学校同窓会奨学財団」を設立しました。この財団の資金は多くの方々からの寄附金を考えております。そのため、今後より税制上の優遇が受けやすい公益法人に移行していきます。

2. 記念事業

現在の西尾高校の教育環境向上のために次の記念事業を行います。
(1) ランニングコースの設置
生徒が体育や部活動中に、道路に出ることなく安全にランニングを行えるように、グランドとフェンスの間にランニングコースを設置します。
(2) 体育館南広場の整備
噴水を撤去し、緑化事業を行い、有効に生徒が集える場所として整備します。
(3) 山本眞輔氏の彫塑寄贈
百年の品格にふさわしい彫塑を正面玄関に設置します。

3. 記念式典

平成30年10月27日(土)に西尾高校体育館で開催します。100周年という大きな節目に当たり、歴史と伝統を重んじながら、大型スクリーンによる映像メッセージなどを用いて、在校生と同窓生が共に100周年の感動を分かち合い、新しい西高のスタートとなるような記念式典にします。

4. 記念誌刊行

西尾高校の源流は、大正7年に設立された西尾町立高等女学校(愛知県西尾高等女学校の前身)と大正15年に設立された愛知県西尾中学校に遡ります。そしてその後、戦後の学制改革を経て、現在の西尾高校に至っています。この100年の歴史をまとめ、未来へつなぐ「百年誌」を刊行いたします。

西尾高校の資料を募集しています。

100周年記念誌を制作するにあたり、皆様からの資料提供を募集しています。ご提供いただける方は、お電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。